アニメせどり

【アニメせどり】どこまでアニメせどりと呼ぶべきなのか。

付属品の有無についても話します。

 

 

 

アニメせどりブログ運営者、純平です^^

 

 

 

僕が普段アニメせどりで仕入れてるものって

DVD、Blu-rayが6~7割を占めます。

アニメ=映像作品。なので当然といえば当然だと思います。

ただ、アニメせどりといっても仕入れるジャンル的には結構広いです。

 

 

アニメせどりと呼ぶべきなのは、一体どこまでなのか?

僕の感覚的には

何かしらアニメと接点がある商品なら=アニメせどり。

と考えています。

 

 

 

アニメがもとになっているゲームゲームせどりではなくてアニメせどり。

アニメ化した小説本せどりではなくてアニメせどり。

アニメの主題歌を歌っているCDCDせどりではなくてアニメせどり。

 

 

 

こんな感覚です。笑

アニメの人気とともに関連商品の人気も上がるので

この感覚は間違っていないと思ってます。

 

 

 

 

これは、平川大輔っていう声優さんの写真集なんですけど

この写真集も僕にとってはアニメせどりに分類されます。

声優さんの写真集って、結構人気なんですよ^^

 

 

 

 

 

話は変わりますが、以前

「帯なしのDVDとかってあまり仕入れない方がいいですか?」

って質問されたことがあります。

 

 

結論から言うと、帯がなくても全く問題ないです。

 

 

コレクターの方でもない限り、帯ってそんなに気にしませんよね?

販売する時に帯の有無ってほぼ影響ないです。

もちろん説明文にはちゃんと記載します。

 

 

逆に帯がないとチャンスだと僕は思ってます。

というのも、DVDのJANコードって帯に印刷されてることが結構あるんですよ。

帯がないとJANコードもないから手打ちで検索することになるので

めんどくさがってスルーしてしまう人がいます。(僕も昔そうでした。笑)

だから、意外と仕入れできる商品が残ってたりします。

 

 

 

 

こんな感じで帯がないだけで値引きしてくれてる店舗も結構あるんですよね。

曇天に笑う。上巻Blu-rayBOX

 

 

 

 

では!

 

 

 

 

 

旬なアニメ情報、売れる商品を無料配信中☆

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

この記事が「いいな」と思っていただけたらクリックお願いします。