今騒がれているAmazonの規約変更について。

Amazon規約変更に対する考えと対策。

おはようございます、純平です^^

今日も元気に朝活中♪

昨日から各所で騒がれているAmazonの規約変更。

結局どういうことなの??

ということで、僕の考えを交えて簡単にまとめてみました。

まず規約変更の内容ですが・・・

【新品】として出品禁止の商品。

  • 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
  • メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
  • Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

この3つが加わりました。

2番目の規約についてはそんなに気にすることもないと思います。

1番上の

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品ですが・・・

メルカリやヤフオクなど個人の方からの仕入れは規約違反ですよー。

ということですよね。もちろんその他のフリマサイトなどもNG。

ただ、これって・・・いちいち確認できなくない?

というのが正直な感想です。

今後、どこまでAmazonが購入元の追及をしてくるか。

きちんと把握しておく必要があります。

追及された時にきちんと反論ができないのであれば

メルカリ、ヤフオクでの仕入れはやめた方がいいです。

ヤフオクのストア購入はイケそうですね^^

【個人からの購入】ではないので。

領収書が発行できるか購入時に確認すると安心です。

1番下の

Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

というものに関してですが

この規約によって【刈り取り】がほぼ不可能になってしまいました。

また、【Amazon.co.jp限定】の商品も仕入れ目的で購入する意味がなくなりました。

こういう商品↓

これに関しては購入履歴から刈り取りがばれてしまう可能性が

非常に高いと僕は思っています。

こんな規約が加わって、もうせどりなんか無理だー!!

とは思わないで欲しいんです。

むしろライバルが減るチャンスと思ってください☆

2つの規約に対しての対策として・・・

【新品の商品を「ほぼ新品」で売る】

今回の変更は新品に対しての規約変更です。

中古商品に関しては刈り取りした商品であろうとメルカリで仕入れてようと

今まで通り販売することができます。

「ほぼ新品」=中古扱いなので

新品で仕入れて商品をほぼ新品で売るのは可能です。

以上、規約変更の簡単な説明と僕の考えでした。

今回みたいな規約変更にもおびえず、しっかりと対策をして

これからも充実したせどりライフを送っていきたいですね。

では!

☆LINEグループメンバー募集中☆

【LINE参加希望】と書いて、僕までメールくださいね^^

manypeace1127@gmail.com

旬なアニメ情報、売れる商品を無料配信中☆

ブログランキングに参加しています。

この記事が「いいな」と思っていただけたらクリックお願いします。


人気ブログランキング