郵便局大口契約

郵便局と大口契約(特約)を結ぶ方法。

郵便局で契約を結んだ方法を教えます。

 

アニメせどりブログ運営者、純平です^^

 

 

商品を発送する時の送料ってもちろん安い方がいいですよね。

送料の悩みってみんな持っていると思います。

 

発送料金を安くする方法の1つに【発送会社との契約を結ぶ】方法があります。

ちなみに僕は郵便局とゆうパックの契約を結んでいます。

今回はその時の流れを紹介しようと思います。よければ参考にしてください。

 

 

1、郵便局に大口契約(特約)”を結びたいと電話をする。

まず、最寄りの郵便局に電話をかけます。小規模な郵便局だとできないところもあるみたいなので最寄りの郵便局がちょっと小さめだなぁという時は、近くで大きめな郵便局だと確実です。

電話では、「大口契約(特約)を結びたいのですが、担当の方お願いします」と伝えてください。

担当=営業さんなので高確率でその場にいないことがほとんどだと思います。その場合、折り返し電話がかかってきます。

 

2、折り返し、担当(営業さん)から電話がかかってくる。

電話後、担当の方から折り返し電話が来ます。

一度、自宅まで来てもらい色々と質問されるので、その日程を電話で決定します。

 

3、自宅訪問当日。

実際に担当の方が家にきた時に、いろいろと質問をされます。

 

僕が主に聞かれたのはこんな感じ↓

  • 月にどれくらい数を送りますか?
  • サイズはどれくらいのものが多いですか?
  • 送る先はどの辺が多いですか?
  • どんな商品を送りますか?         etc…

 

質問を受ける際に、特約を結べるかに最も影響してくるのは、【月にどれくらい送りますか?】という質問です。

ゆうパックですと、年間で200箱以上発送しないと大口契約を結んでもらえない。なんて噂があります。

単純計算で月16箱。週4箱ペースです。

 

 

そんなに発送してないし、無理!って思いましたか?

僕も・・・そう思いました。笑

 

 

特約を結んだ当時は年間200箱なんて、確実に送ってませんでした。

ただ諦める必要はないので大丈夫です。

 

とりあえず嘘でもいいので200箱送ります、と伝えます。

あんまり嘘は・・・という方は「年末にむけて今より発送数を増やして、200箱くらい送りたいと思っています。」

という感じで今後は200箱以上送っていきたいという意思を伝えます。僕もこの言い方で無事に契約を結んでいただきました。

 

 

4、契約成立!

自宅訪問時から数日経ち、営業の方から特約を結べることになったと連絡がありました。

 

その後、見積書と契約書を持って再びに自宅まで来てくれます。

見積書の金額で納得がいけば、契約書にサインをして契約成立です。

その際、本人確認書類と印鑑も必要です。

 

 

5、ゆうびんビズカードをもらう。

契約成立したから、その日から特約料金で発送できる!と思いがちですが、契約成立から何日かすると、「ゆうびんビズカード」ができたと連絡をもらえます。

この、ゆうびんビズカードを発送時に提示することで初めて特約料金で発送をすることができるので大切に保管してください。

 

 

 

以上が僕が大口契約を結んだ流れです。

ちなみに契約を結んだ後の発送料金は毎月口座からの引き落としです。

 

特約の契約は早めにやっておいた方が絶対お得なので、早めに結ぶべきです^^

 

 

 

では!

 

 

人気ブログランキングに参加中↓↓

 

 

 

旬なアニメ情報、売れる商品を無料配信中☆