ツール

せどり初心者でもよくわかるモノレートの見方・使い方。

モノレートの見方をマスターする。

 

 

アニメせどりブログ運営者、純平です^^

 

 

仕入れに行った時や商品のランキングを確認する時に便利なサイトといえば・・・

【モノレート】ですね。

 

 

この商品を仕入れていいのか判断するために必須といってもいいサイトなんですが、せどり初心者のうちは、

『どのように見ていいのか?』

『どこに注意してみていいのか?』

ってよくわからないと思います。

 

僕も最初はちんぷんかんぷんでした。笑

モノレートをしっかり理解していないと、仕入れはうまく行きません!

全く売れていない商品を仕入れてしまって不良在庫になってしまったりと良いことなんてないので必ず理解しておいてくださいね。

 

 

そもそもモノレートって何?

まだせどりを始めて、間もなくてモノレートって初めて聞いたよ~という方に簡単にモノレートのことを説明しますね。

 

【モノレート】

=Amazonの商品ランキングと価格推移をわかりやすく表示してくれるサイト。

 

  • Amazonでどれくらい人気がある商品なのか
  • 新品の最安値、中古の最安値はいくらなのか
  • Amazon在庫はあるのか
  • どれくらいのペースで売れているのか
  • どのように価格変動が起きているのか
  • ライバルもチェックしている商品なのか
  • 新品、中古どちらで売れているのか

などがモノレートを見るだけで簡単に知ることができます。

 

仕入れに行って商品のランキングを調べる時や関連商品を調べる時に必ず使うサイトですね。先にも言いましたがモノレートを使いこなせないと仕入れはうまく行きません。笑

 

 

モノレートの価格・最安値の見方

では、実際にモノレートで表示されているグラフをどのように見ていくのかを紹介していきます^^

 

モノレートを開いて、検索窓にキーワードやJANコードを入力すると、こんな感じで商品のページを見ることができます。

 

せどりすとなどの検索ツールを使ってる方は、この折れ線グラフみたいなマークで表示できます。

 

 

新品、中古の最安値、Amazon在庫の確認。

 

検索画面を下にスクロールしていくと、価格の表示があります。

 

  • 現在のAmazonの最安値が新品、中古それぞれいくらなのか
  • カート価格はいくらなのか
  • Amazonの在庫はあるのか
  • 入金はいくらなのか

 

を確認することができますね。

 

一緒にASINやJANの番号、販売会社や原作者なども表示されているので必要だったら確認してください。

作者の関連商品とかを探す時とかに僕もチェックしてます、それ以外は基本的にスルーですね。

 

ここでまず気にして欲しいのがAmazonの在庫があるかどうかです。

Amazonの在庫がある場合、Amazonの価格以下で出品しないとまず売れていきません。

今、仕入れようとしている商品が新品の場合、Amazon価格以下で販売して利益が残るかどうかをチェックします。

 

 

入金額に表示されている金額は、表示されている価格で販売した時に入金される金額です。

ただ、手数料などの関係で少し誤差は出るので”だいたいこれくらいのイメージ”で見ておくといいかもしれません。

 

 

また、コンディション詳細の横の+をクリックしてみると(上の画像の赤い丸部分)

新品FBAの最安値、中古コンディションごとの最安値、FBA最安値もみることができます。

この表示はすっごい便利^^

 

 

価格推移グラフ

次に価格推移グラフを見ていきます。

モノレートで確認していくことは、ここからのグラフがメインです!

上で紹介して価格、最安値に関してはAmazonの商品ページでも確認はできますからね。

 

 

価格推移グラフには4種類のグラフがあります。

  • 最安値
  • 出品者数
  • ランキング
  • モノレートユーザー

 

では1つずつ見ていきましょう~!

 

最安値グラフ

 

最安値グラフはその名の通り商品の最安値の推移を表示してます。

緑の線が新品の最安値。オレンジの線が中古の最安値です。

グラフの横にある数字が価格の表示、下の数字は日付です。ちなみに表示する期間は1ヶ月、3ヶ月、12か月で選べます。

 

 

この商品の場合、中古だと2500円くらいが相場のようですね。

9月23日あたりで新品中古ともに価格がグッと上がっています。

 

テレビで放送されたり、ニュースで紹介されたりして購入者増えると、最安値の出品者から購入されていき、このグラフみたいに価格がグッと上がることがあります。

金曜ロードショーで放送された映画のDVDが放送直後に価格が一気に上がるのがいい例ですね。

Amazonの在庫が切れた時も同じように価格があがることがあります。

 

出品者数グラフ

出品者数の数を表しています。

最安値グラフの価格が上がったタイミングで出品者の数が減っていたら、やはりテレビなどで取り上げられた可能性が高いので合わせて見ていきますね。

 

ランキング

4つのグラフの中で1番に確認するのが、このランキングのグラフですね。

商品が期間内に何回売れているかがグラフになっているので、回転のいい商品なのかがわかります。グラフで折れている部分が商品が売れた瞬間です。

この商品も結構売れていますね^^

 

 

人気のある商品だとグラフの線がわけわからなくなるくらい激しく動いています。笑

 

 

逆に回転が少し悪い商品だとこんな感じのグラフになります。

1か月でだいたい3~4個のペースで売れてますね。

ランキングのグラフを見る時には【1か月に何個売れているか?】

に注目していくと仕入れするかどうかの判断がしやすくなります。

 

僕は月に2~3回売れている商品であれば仕入れ対象として考えます。

ただ、仕入れ価格によってやめる時もありますかね。

 

 

例えば月に2~3回売れていて仕入れ値1000円。

利益も1000円見込める商品なら仕入れます。

これが仕入れ価格10000円で見込み利益1000円だったら・・・

たぶん仕入れません。

 

 

売れるまでに時間がかかった場合のリスクとのバランスですね。

この辺のバランスは人それぞれ基準に少しバラつきはあると思います。

月に1個売れてればOKの人もいるし、月5個以上は売れてないと嫌って人もいるでしょうね。いろんな人の基準を参考にしてみてください。

最終的に大切なのは、自分の基準を決めてぶれない仕入れをすることです。

 

 

モノレートユーザー

4つめはモノレートユーザーの数のグラフです。

この商品のページを何人見ているかが表示されています。

 

例えば、稼いでいるせどらーさんのメルマガでプレミアになっている商品が紹介されていたらモノレートで確認しますよね?

テレビで放送されて、プレミア価格になりそうな商品は確認しますよね?

 

そんな時にモノレートユーザーが増えるのでグラフがグンっと上がります。

モノレートユーザー

=この商品を気にしているライバルの数。

と考えていいです。

 

あなたが見つけた商品のモノレートユーザーグラフが急に上がっていたら、少し危険を感じて仕入れるのを一瞬我慢してみてください。

本当に仕入れて大丈夫か、仕入れて出品した時にはライバルが急激に増えていて価格競争にならないか、1度情報収集してみることをおすすめします。

 

 

最安値一覧

グラフの下には最安値一覧が数字としてみることができます。

青がランキング、緑は新品最安値、オレンジが中古最安値ですね。カッコの中の数字は出品者の数です。

 

新品が売れているのか、中古が売れているのかを判断する時にはここを見ます。

売れていても出品者数が減っていない時はAmazon在庫か在庫を複数持っている出品者の商品が売れたと考えてくださいね。

 

 

まとめ。

以上、簡単にですがモノレートの見方を紹介してきました。

モノレートを見て、確実な判断ができることはしっかり利益を出していくためにとても重要です。

 

最近、せどり初心者の方と話をさせてもらう機会が増えてきて、モノレートの見方がよくわからないという方が結構多いです。

『このグラフの商品を仕入れていいのか判断できない』

という悩み相談も受けることもあります。

 

今回の記事は本当に簡単な紹介でしたが、ぜひ参考にしてみてください^^