仕入れ

ブックオフの値札の色と効率の良い仕入れ方法。

ブックオフの値札の色の秘密。

アニメせどりブログ運営者、純平です^^

 

7月になってブックオフでは、値札の色と店頭での販売価格の改定が行われましたね。

ブックオフの値札ってつい無意識に値段だけ見て終わっちゃいそうになりますが、実は色んな情報が詰まっています。

値札に隠された秘密の情報を知ることでより効率の良い仕入れができるようになります。

 

せどり初心者の方や、実は値札ってそんなに気にしたことないという方に今回の記事はおススメです。

 

ブックオフの値札の秘密。その①

 

ブックオフの値札は4種類に色分けされている。

ブックオフの値札は4種類の色によって色分けされています。

 

こんな感じの値札です↓

 

本せどりをメインにやっている方は、よく目にしていると思います。

DVDなどメディア系の商品に貼られていることは少ないかもしれません。

 

この値札シールは、店頭に並んだ時期が色によって区別されているんです。

 

  • 緑→4月~6月
  • 青→7月~9月
  • 赤→10月~12月
  • 黒→1月~3月

 

ブックオフ側が管理しやすくするためにこんな風な色分けをされています。

では、僕たちせどらーがこの色分けされた値札シールを活用して効率良く仕入れをするためにはどうすればいいのか・・・?

 

 

新しい値札の商品を優先してサーチしていく。

値札の色を活用して、効率良い仕入れをする方法というのは、

【値札が新しいもの商品を優先してサーチしていく】というものです。

 

例えば、今回7月になって値札が青に変わりました。ということは青い値札の商品は店頭に並んでまだ間もない商品ということになります。

だから、他のせどらーがまだリサーチしていない利益の取れる商品の可能性が高い。ということです。

 

逆に7月に仕入れに来た際、10月~12月の赤い値札シールが貼ってある商品というのは、最低でも去年の12月から誰にも買われていない。

=他のせどらーも買っていない商品。

ってことになるんですよね。

 

つまり利益の取れない商品の可能性が高いということ。他のせどらーさんに1度もサーチされなかったかもしれませんが、1年近く残っているということは、あまりランキングの良い商品でもないでしょう。

 

このようにして、値札の色で店頭に並んだ時期を確認して比較的店頭に並んでから日が経っていない商品を優先的に確認していくことで仕入れの効率は格段に上がります。

 

 

ブックオフの値札の秘密。その②

 

ブックオフには、このタイプの値札もありますよね。

DVDをメインに仕入れていたころはこっちの値札の方が見慣れていました。

 

この値札には、色分けだけではなくさらに詳しく店頭に並んだ時期が書かれています。

〇で囲んだ部分ですね。

 

”18、07”と明記されています。18年7月に店頭に並びましたという意味です。

この方が正確に時期を判断することができますね^^

 

 

まとめ。ブックオフの値札の秘密を知る事で仕入れはより効率化できる。

ブックオフの値札って意外といろんな情報が詰め込まれていて、その意味を知っているだけで仕入れの効率は格段に上がります。

これはブックオフだけのことではありません。ヤマダ電機、ゲオなど店舗にはそれぞれ値札の中の情報には意味があって、その意味を知るだけで仕入れの効率化ができます。

せどり初心者の方でもすぐに活用できる方法なので、ぜひ試してみてくださいね^^

 

それでは!