セット本せどり

セット本せどりの梱包方法。OPP袋、全巻名人の紹介

セット本せどりの梱包のやり方を解説していきます。全巻名人も紹介!

アニメせどりブログ運営者、純平です^^

 

セット本せどりはこれからせどりを始める人でも比較的始めやすいジャンルです。

なぜなら利益率が高めで、仕入れ値が安く済ませることができるから。Amazonの真贋調査も来ないのでおすすめのジャンルですね^^

 

ただ、その分梱包から納品までの手間がどうしてもかかるんですよね^^;

この手間があるからセット本せどりってめんどくさいなぁと思っている人も多いはず。

実際にセット本せどりをやっている人は、このめんどくさい梱包作業を少しでも楽にしたいと思っている人がほとんどだと思います。

 

今回はセット本を梱包する際に主に使う道具を画像付きで解説しながら3つ紹介しますね。

また、【全巻名人】というセット本用の梱包材も紹介します。

僕は今、全巻名人を使っているんですがセット本用の梱包材なだけあってスピードはすごく早くなりました。

 

全巻名人を使った梱包方法も詳しく解説しています。

 

ストレッチフィルム。

 

僕がセット本を始めたころはこんな風にストレッチフィルムを使ってグルグル巻きにしてました。

 

 

こういうやつですね。ホームセンターでも簡単に手に入ります。

縦横に何周かずつぐるぐるとやっていくんですが、きっちり梱包しようとすると結構時間がかかるんですよね。

なので最初のころしか使ってないです。

 

OPPロール

2つ目はOPPロール。

ストレッチフィルムはラップのような材質でしたが、OPPロールはOPP袋と同じ材質です。

 

 

Amazonでも売っていますね。

OPPフィルムロールと検索すれば出てきます。

色々サイズもあるんですが、僕は50cm幅のものを使っています^^

 

OPPロールは使い始めは少し時間がかかりますが、慣れてくると中々スピーディーに梱包ができるようになってきます。

あとぴっちり梱包出来た時の仕上がりはすごく綺麗ですね。

 

全巻名人

3つ目に紹介するのが全巻名人です。

僕は梱包が苦手な方だったので、もっと効率よく梱包するために何かないかなぁと探していた時に見つけたのが

【全巻名人】という梱包材。

 

セット本の梱包用に作られたOPP袋です。

専用サイトもありますし、Amazonでも買えますね。

→全巻名人公式サイト

 

 

ちょっと見づらくてごめんなさいw

これが全巻名人。

本のサイズごとに大きさが分けられていて、新書版、B6版、文庫版、A5版の4種類あります。

  • 新書版→少年コミックサイズ
  • B6版→青年コミックサイズ
  • 文庫版→文庫、ライトノベルサイズ
  • A5判→ワイドコミックサイズ

 

コミックのサイズ別にわかれているのでそれぞれ購入する必要がありますが、非常に便利です。

 

全巻名人を使った梱包方法。

では、実際にどんな風に梱包をしているのか、僕がいつも梱包している様子を画像付きで紹介していきます。

 

まず袋を開いて、1冊入れて形を作ります。

本を入れるとしっかり形づくように作られているので、1冊入れるだけで袋の形がここまでしっかり決まります。

 

 

どんどん重ねていって、全巻入れる。

 

 

全巻入れたら、袋の余った部分は目盛りに合わせてチョキチョキハサミで切っていきます。少し余裕を持って切ると良いです。

 

 

真ん中をテープで仮止めし・・・

 

 

両側もテープで止めて完成です。

慣れると1個作るのに1分もかかりません。

簡単ですよねw

 

 

追記。全巻名人を使った梱包を動画で紹介!

画像だけではわかりづらい部分もあったので、全巻名人を使った梱包の様子を動画に撮ってみました^^

 

 

まとめ。全巻名人は便利なのでぜひ使ってみて。

セット本のために作られた梱包材ということで、やはり使いやすく全巻名人を使い始めて梱包時間がかなり縮めることができました。

僕と同じようにセット本の梱包作業を手間と感じている方にはおススメの梱包材です^^

 

唯一デメリットを上げるとしたら、コストが若干かかることでしょうか。

1袋20円前後のコストがかかります。

手間を取るかコストを取るかは人それぞれだと思いますので、検討してみてくださいね^^

 

 

それでは!